colours...

(「゚Д゚)「ガウガウ

一周忌

2017年2月24日、東日本大震災後から共に暮らし介護をしてきた祖母が亡くなった。

祖母の一周忌は、祖母の故郷、福島県いわき市内にて本日無事に終了しました。

 

祖母の介護をしてきた6年間は、天職だと感じていた仕事を辞め、遊びに行くこともままならず、ただひたすらに祖母のそばにいたつもりだった。

祖母のそばにいても、常に孤独だった。

介護=孤独とはよく聞くことだけど、ここまで孤独だとは思わなかった。

家族に気付かれないように夜中に出掛けて家の近くの川沿いを歩きながら泣いたりしてた。

 

そして、祖母が亡くなって三ヶ月ほど経過した頃に、私は一生背負っていかなければいけない罪を犯した。

罪とはいえ犯罪ではなく自然に起こる事故で、私一人だけに原因があることではないとわかっているものの、私は自分で自分を人殺しだと思ってる。

今でもその時の光景がフラッシュバックすることがあって、夢に出てくることもある。

 

数人にしか言ってないけど、私はこの出来事が原因で精神的な病を患ってます。

(このことは気が向けばまた今度書く)

ある人は私を慰め、ある人は私を責め、ある人は嘲笑う。

誰に何を言われようと、全部飲み込んでやる、そう思ってきた。

 

でも今日祖母の一周忌で親戚が集まって、その出来事について話さなくてはいけない状況になった。

案の定、修羅場になった。

そろそろ限界が近付いてる。

 

私だけが責められるのは我慢できるけど、亡くなった命や、大切な人までも責められるのが許せなかった。

だから私も本気で突っかかっていく。

そしたら余計に事態が悪くなるだけなんだけど、どうしても我慢できない。

 

謝り続けるのに疲れた

修羅場からは一人になってしまった、というか私の方から一人で帰るって言ったんだけど

福島から埼玉までどうやって帰ろう

友希だけ向こうの世界にいて、私はこっちの世界で謝り続けてるのが苦しい

友希と一緒にやりたいことや行きたい場所があるのに、いる世界が違うから叶わないの辛い

f:id:elura1997:20180224161853j:image