colours...

(「゚Д゚)「ガウガウ

遺書の日

明日の夜、もしくは明後日、恐怖の会議をします。

どうなるかが全くわからず、心構えをしようにも出来ず。

 

みんな私に「頑張れ」って言ってくれるけど、何を頑張ればいいの?

「頑張れ以外何を言えばいいのかわからない」というのはわかるんだけどね。

まだまだ頑張りが足りないの?

 

明日の夜以降、どうなるかが全くわかりません。

だから、書いておく。

多分死なないけど、自分で自分の精神が狂い始めているのがわかるので、落ち着いている今、書いておく。

 

 

今まで、ありがとうございました。

26年間生きてきて、幸せでした。

遺された人が困らないように、感謝の気持ちを伝えられるように、真実を伝えられるように、遺書はちゃんと書いてあります。

身近な人にはメッセージを残してあるので、ここには書きません(少なくともこのブログを教えたリア友様方にはメッセージを残してあります)

 

16歳の頃から遺書を書き始めて、年に一度は書き直してちょうど10年経過。

今年は何度も書き直した。

多分、今日書き直したのが「本当の遺書」になる気がしてる。

 

私はもう充分過ぎるほどに生きました。

大丈夫だよ、また、会えるから。

私は天国にいる大切な人たちに会いに行くだけ。

そこで、待ってます。