colours...

(「゚Д゚)「ガウガウ

MWAM DDT2017高崎 MC他

ジャンケンちゃんMC。
男性客「全然足りない!」
JKJ「足リナイ?全然足リナインダ………オイデ?笑

行クヨ行クヨ、スグソコニ行クカラ」
ジャンケンジョニー氏!その発言ダメだって!全ガウラーがジャンケンちゃんのこと本気で好きになるから!


JKJ「ライブハウス、良イデスヨネ。
ライブハウス初メテッテ人イマス?」
ちらほら挙手

JKJ「アー、アトハモウ、ライブハウス…童貞デハナイッテコトデスネ?

今手ヲアゲタノハ男ノ子ガ多カッタケド…

DTッテコトデスカ、本当デスカ」
ここから真面目。
JKJ「音源聞イテ見ツケルノモ良イケド、ライブハウスデ見ツケタ時ニ勝ル感動ハ絶対ニナイデス。
高崎FLEEZサン、アリガトウゴザイマス。

皆様ニトッテモ記憶ニ残ル一日ニナリマスヨウニ。
トイウコトデ、聴イテクダサイ。Memories」

 

JKJ「良イデスヨネ、ジョイオポ。

モウ一度彼等ニ拍手ヲオ願イシマス」

「アダムノ髭、触リマシタ?

触ルト、カタコトガ上手クナリマス」

 

サンちゃん、客席にダイブする。

私の目の前で落ちる。

サンちゃん、なかなか上がれず客がザワザワする。

見兼ねたタナパイが、サンちゃん付近にいる客に対して、

「サンタ返セ!」(喋らないから体で表現)

サンちゃんがステージに帰ってきたら、タナパイがサンちゃんの肩をポンとして、拍手を送る。

………今までサンちゃん×リブちゃんが最高だと思ってたのに、サンちゃん×タナパイもいける!良いペア見つけた!

JKJ「コノ方、凄インデス。

普通ダイブスルニハ台ヲ使ウンデスケド、今コノ方ハ僕ノコロガシヲ使ッタンデスヨ」

サンちゃんをチラッと見るも聞いてない様子

JKJ「ア、聞イテネェナ」

 

Find You前のMCで、何言ってたか忘れちゃったんだけど、最後の一言が

「来世デモ、必ズ、アナタタチヲ見ツケマス。

Find You…」

ここで崩れ落ちそうに(心と涙腺は崩壊した)

もしも生まれ変わってまた人になったとしたら、来世があるとしたら、また私はMAN WITH A MISSIONに出会いたい。

私だって、来世でもみんなのこと見つけるから!

一生どころか、何世にも渡って追いかける。

 

まとめ。

今年はいろんなことがたくさんあって、死ぬかも知れないと本気で思った。

でもね、いつでも、MAN WITH A MISSIONの音楽と共にきた。

この間入院していて意識がなかった時、一人だけ会いにきてくれた友達がいた。

(面会謝絶にしてたんだけど、遠方からわざわざ来てくれたから特別に)

その友達の提案で、MWAMの音楽をかけていてくれた。

彼らの音楽に慰められて、力もらって、生きて帰ってきた。

彼らが活動する限りは応援する。

 

私は、MAN WITH A MISSIONが大好きだと、全力で応援していると、胸を張って言える。

また、会いに行くよ。