colours...

(「゚Д゚)「ガウガウ

ストーカーについて②

別室のドアが開き、女と目が合った。

 「あんたが◯◯◯◯◯でしょ」

見ず知らずの人間が私のフルネームを知っていた。

 

社長が女を後ろから捕まえようとすると同時に、女は凄い表情で私のところへ突進してきて私の髪と肩を掴んで思いっきり私のお腹を蹴った。

おばさんのくせにヒールの高いブーツを履いてて、そのブーツを履いたまま蹴られた。

あまりの衝撃にうずくまると、今度は顔を蹴られた。

仲間が助けてくれたけど、間に合わなかった。

 

そして

「人の旦那をストーカー呼ばわりして被害者ぶってんじゃねえよ。

あんたなんか死ねばいい」

と言われた。

そこで私も頭にきて言い返してしまったから、また女が暴れて職場の仲間が二人掛かりで女を止めてくれた。

その後もいろんなこと言われたけど、私は痛みに耐えるのに必死だった。

後に警察が来て、いろいろ話して…

 

その日は自宅まで社長が送ってくれた。

誰もいない広過ぎる1人の家で、気を張っていたものが全部吹っ切れて1人で泣いた。

 

私が警察署で思い出したくないこと思い出しながら、ちゃんと話を聞いてくれない無神経な警察官に向かって話すという拷問みたいなことを受けているんだけど、警察の人に疑われてる。

私の精神的な問題なんじゃないか、と。

高次脳機能障害で、周囲の人と同じ場所にいても周りとの記憶に差がある」と言ったのに、わかってくれない。

周りの人が証言してくれているのに、肝心なところが思い出せずに抜けているのが悔しくて、あまりにも職場の人に迷惑をかけるようなら諦めようと思う。

 

あの女に蹴られたお腹がまだ痛くて、今になって血尿が出てる。

これでもし私が妊娠してたとしたら確実に人殺しだよ。

 

私は、あのストーカー夫婦を絶対に許さない。

ストーカーについて①

遺書、書いておいて良かった。

そう心から思うような日々が続いていました。

でももう家に入れましたので大丈夫。

ご心配をおかけして、ごめんなさい。

 

一番の問題は、野宿ではなくストーカーの件でした。

遡って書きます。

長くなるし、私の口が悪い部分が出てきますが、この怒りはある意味忘れたくないので書いておきます。

 

今の職場で、昔、同僚の男性に告白された。

当時私には彼氏がいたので、その場で謝って断った。

何度も言い寄ってきて、その度に断った。

とある日に職場の外で待ち伏せされていて、少し言い合いになった後に殴られた。

社長に全てを話して警察に行ったけど、証拠がなくどうにもならなかった。

少し仕事を休ませてもらい、その間にストーカーは職場を退職し、入れ替わるように私は職場に復帰。

 

そして、つい数日前。

職場にいたら、来客があった。

先輩が出ると、ストーカーの奥さん(以下、女)…そう、ストーカーには奥さんがいたの。

最近結婚して、私にストーカーしてる間もその人と付き合ってたらしい。

ごめん、ちょっと、意味がわかりません。

 

女を中に通す前に、社長が私に別室に行くように指示してくれて、その後女を部屋の中へ通した。

別室からは、会話が全て聞こえる。

息を潜めて聞いていると、最初は結婚の挨拶などを話していたのに、急に女の声が変わって

「ここで働いてる女を出してください」

その言葉に、目の前が真っ暗になった気がした。

職場には女性は私1人だけ。

社長が必死で守ってくれていたけど、女が暴れ出して、とんでもないことが発覚した。

 

職場に、盗聴器が仕掛けられてました。

「盗聴器でずっと聞いてたから今ここにあの女がいるのはわかってる。早く出せ」

「旦那を狙う女が、旦那に無理矢理私物を押し付けている」と言われた。

違う。

私の私物は、ストーカーされてる時に明らかに誰かに盗まれてた。

男性しかいない職場で、なんで私の生理用品がなくなるの?

なんで使いかけの化粧品がなくなるの?

なんで私のデスクのゴミ箱漁ってあるの?

文具がなくなるのは誰かが使ったと考えられるけど、女性用品に関しては明らかにおかしい。

身に付けるものばかりなくなってた。

 

話は戻り…ストーカー女が暴れて、とうとう別室のドアを開けた。

 

続きます。

入院中のこと

少し前に、倒れて意識がない日々があった。

お医者さんから「万が一のことも」と言われた母が、いろんな人に連絡をしていた。

(母からしたのではなくて、私のスマホに誰かから連絡がきたら、その人にだけ事情を返信して、周りに拡散してください、って感じ)

 

遠方に住む友達、車を飛ばして遥々来てくれた。

やることが全部、格好良過ぎるんだよ、いつもいつも…

 

実は倒れた時に顔をぶつけて、まるで誰かに殴られたようにアザが出来ていたのです。

それを家族が不憫に思ったらしく、面会謝絶にしていた。

それでもわざわざ来てくれた熱意に負けて、特別に通したとのこと。

 

友達の声が聞こえて少ししてから、MWAMの曲が聞こえ始めた。

きっと友達がかけてくれたんだと思う。

ありがとう。ちゃんと聴いてたよ。

 

そして、私の体が、久し振りに持ち上がった。

家族や看護師さんが体を動かしているのではない。

後頭部と背中に感じたのは、懐かしい暖かさ。

やっと、抱き締められていることに気付いた。

そこで記憶が止まっている。

 

元気になってから母と話していて、いろいろと発覚。

友達の提案で音楽をかけてくれたこと

私を抱きしめてくれたこと

顔の傷のこと心配してくれたこと

 

私のためにどこまで優しくしてくれるの?

そうやって優しくするから私はずっと好きな気持ちを抑えられないんですよ?

でも、男女の関係にはなれないことはわかってる。

好きになってはいけない相手だということも、わかってる。

なんでそんなに優しいの?

なんでそうやって友達以上のことするの?

私が弱虫だからですか?

私が泣き虫だからですか?

 

もー!いやー!←

ごめんなさい

わたし、ここ数日間、謝罪しかしてない。

ごめんなさい。

 

本当にね、倒れたことは申し訳ないと思ってます。

私の体のことは置いといて、周りの方々にご心配をおかけしたこと。

 

皆さんは当たり前のように私に連絡をくれたのに、返ってきたのは私の母からの衝撃の告白。

しかも母は心配性のくせにお喋りで、いろいろと余計なことを話していたみたい。

カラオケの話なんかしないでよ…

 

カラオケの件。本当にごめんなさい。

あれは確か、今年の2月辺り。

いつかまた、どんな関係だろうと、また三人で行きたいのです。

聞かせたい曲があるのですよ、お二人に。

叶わない夢かもしれないけど、頑張る。

MWAMの曲を歌うとタナパイのモノマネ入っちゃうから、まずそれをやめることから始めないと←

ちゃんと歌うから!

この間の罰として、私一人で2時間歌ってもいいから!

そこのお兄さん!あの人に、私がこう言ってたって伝えてくださいませー!

そこの、そう、今、俺?って思ったお兄さんですよ?

「あの人」っていうのは、あの人です。

そしてその時が来たら、また、秦くんの「スミレ」歌ってください(*´ω`*)

(これで伝わりました??)

 

そして、私が意識を失っている間に会いに来てくれた唯一の友達のお兄さん。

本当に、本当にありがとうございました。

そして、ご心配をおかけしました。

ごめんなさい。

お兄さんがやること、ドラマみたいにかっこよくて感動したよ…

ブログに書いていいですか?いいですよね?

明日書きますので!

MWAM DDT2017高崎 MC他

ジャンケンちゃんMC。
男性客「全然足りない!」
JKJ「足リナイ?全然足リナインダ………オイデ?笑

行クヨ行クヨ、スグソコニ行クカラ」
ジャンケンジョニー氏!その発言ダメだって!全ガウラーがジャンケンちゃんのこと本気で好きになるから!


JKJ「ライブハウス、良イデスヨネ。
ライブハウス初メテッテ人イマス?」
ちらほら挙手

JKJ「アー、アトハモウ、ライブハウス…童貞デハナイッテコトデスネ?

今手ヲアゲタノハ男ノ子ガ多カッタケド…

DTッテコトデスカ、本当デスカ」
ここから真面目。
JKJ「音源聞イテ見ツケルノモ良イケド、ライブハウスデ見ツケタ時ニ勝ル感動ハ絶対ニナイデス。
高崎FLEEZサン、アリガトウゴザイマス。

皆様ニトッテモ記憶ニ残ル一日ニナリマスヨウニ。
トイウコトデ、聴イテクダサイ。Memories」

 

JKJ「良イデスヨネ、ジョイオポ。

モウ一度彼等ニ拍手ヲオ願イシマス」

「アダムノ髭、触リマシタ?

触ルト、カタコトガ上手クナリマス」

 

サンちゃん、客席にダイブする。

私の目の前で落ちる。

サンちゃん、なかなか上がれず客がザワザワする。

見兼ねたタナパイが、サンちゃん付近にいる客に対して、

「サンタ返セ!」(喋らないから体で表現)

サンちゃんがステージに帰ってきたら、タナパイがサンちゃんの肩をポンとして、拍手を送る。

………今までサンちゃん×リブちゃんが最高だと思ってたのに、サンちゃん×タナパイもいける!良いペア見つけた!

JKJ「コノ方、凄インデス。

普通ダイブスルニハ台ヲ使ウンデスケド、今コノ方ハ僕ノコロガシヲ使ッタンデスヨ」

サンちゃんをチラッと見るも聞いてない様子

JKJ「ア、聞イテネェナ」

 

Find You前のMCで、何言ってたか忘れちゃったんだけど、最後の一言が

「来世デモ、必ズ、アナタタチヲ見ツケマス。

Find You…」

ここで崩れ落ちそうに(心と涙腺は崩壊した)

もしも生まれ変わってまた人になったとしたら、来世があるとしたら、また私はMAN WITH A MISSIONに出会いたい。

私だって、来世でもみんなのこと見つけるから!

一生どころか、何世にも渡って追いかける。

 

まとめ。

今年はいろんなことがたくさんあって、死ぬかも知れないと本気で思った。

でもね、いつでも、MAN WITH A MISSIONの音楽と共にきた。

この間入院していて意識がなかった時、一人だけ会いにきてくれた友達がいた。

(面会謝絶にしてたんだけど、遠方からわざわざ来てくれたから特別に)

その友達の提案で、MWAMの音楽をかけていてくれた。

彼らの音楽に慰められて、力もらって、生きて帰ってきた。

彼らが活動する限りは応援する。

 

私は、MAN WITH A MISSIONが大好きだと、全力で応援していると、胸を張って言える。

また、会いに行くよ。

MWAM DDT2017高崎自分用レポ

MAN WITH A MISSION

Dog Days Tour 2017」

高崎FLEEZ

18:00/18:30

対バン…JoyOppocites

No.197&198

 

開場してから中に入って、箱の小ささにビビりつつまずは対バンの「JoyOppocites」

良い!気付いたらリズムに乗ってた!

私の視界からはアダムががっつり見えて、静かな(とはいえ激しい中で)ところで、思いっきり目があったまま数秒!歌ってた!

それが何の曲のどのフレーズなのかは全く覚えてないけど、忘れない。

MCも面白い。

ジョイオポのライブ行きたい。

 

次は、MAN WITH A MISSION

 

1.Hey Now

イントロ、生で聴くと重圧感があって良い。

恒例の大サビ前ジャンプも。しっかり跳んだ。

ジャンケンちゃんが跳べって言うから!

 

2.database

こんなに早くにdatabaseとは攻めてる。

イントロ流れた瞬間のガウラーの雄叫びが凄かった。私含めて。

やっぱり私は黄色い声援の場所よりも野太い雄叫びの場所が好き。

ジャンケンちゃんパートで手拍子するのが楽し過ぎた。何あれ。

 

そしてジャンケンちゃんが一言

「懐カシイ曲ヲ。HASTA LA VISTA

ザワザワした。私も変な声が出た。

3.HASTA LA VISTA

まさかライブで聴けるなんて!

あすたらびすた!

 

4.Get Off of My Way

イントロがもう好きで好きで好きです。

ジャンケンちゃんと一緒におててふりふりできた!(Hello today Hip Hop Hurrayのところ)

そして、この曲はみんなで踊るのですが、タナパイの合図も確認。

「オ前ラ、コッチカラ!間違エンナヨ!セーノ!」って(タナパイ喋らないけど。きっとそう言ってる)

 

5.Dead End in Tokyo

流れが強過ぎて記憶がない。

ジャンケンちゃんの「どぅるるうっふー」は、相変わらずセクシー。

 

6.Seven Deadly Sins

叫んだ。

「うぉーおーーーおーーーおーおーーーおー」って。こんな私も叫ぶんだよ?←

指文字のあれ、みんな、タナパイに合わせようよ。バラバラで後ろから見てたらなんか変な感じ。

 

7.Dog Days

サンちゃんのスクラッチが最高。

そしてみんなで歌う、サビの「♪いぇいいぇえ!」楽しい!

 

8.Emotions

タナパイが…かっこいい…声が最高…タナパイすき…

♪手ーをーひーろげたーーーかくーー

のところのジャンケンちゃん、力入ってた。

 

9.DANCE EVERYBODY

タオルぶん回す曲!

思いっきりぶん回した!

回すんじゃなくて、ぶん回す!

 

10.Mr.Bad Mouth

全く記憶にない

  

11.Memories

曲前MCでジャンケンちゃんが「記憶に残る」って言った瞬間に、もしや…と思えば本当にMemories。

思いっきり、泣きました。

涙流すって感じじゃなくて、鼻をグズグズしながら、ひっくひっくと、本気で泣いた。

泣きながらステージの方見たら、人の隙間からサンちゃんの手とスマホライトが見えた。

MAN WITH A MISSION 『Memories』 - YouTube

MVのあれだ!と思って、すかさずスマホ取り出してライト点けて手を上に。

サンちゃんに私の光は届いてたかな。

 

12.DJサンタモニカ、スペアリブ セッション

サンちゃん(DJ)とリブちゃん(ドラム)のセッション!

サンちゃんがサンプリングを使って喋りました。

二匹目の喋る狼誕生。

 

13.colours(ジャンケンジョニー氏、弾き語り)

セッションでやっとひいた涙が、また溢れた。

coloursって…しかも弾き語り…嘘だろ…

このブログのタイトルは、この曲からきてます。

聴けるなんて思わなかったよ。

ジャンケンちゃんありがとう。

 

14.My Hero

記憶にない。ごめん。

 

15.Take What U Want

イントロで恒例の

JKJ「ハイハイハイハイ!」

客「ハイハイハイハイ!!」

JKJ「ジョイオポジョイオポ!!」

客「ジョイオポジョイオポ!!!」

JKJ「MAN WITH A MISSION!!!」

客「MAN WITH A MISSION!!!!」

これ楽しいんだよね(*´∀`*)

 

16.FLY AGAIN

ここでだったかな?

Iさんがダイブの土台になったり、サークルやらモッシュに巻き込まれてて、うおおおすげえええ!って思った笑

私は後ろでひっそりと応援してました。

 

ジャンケンちゃん、人との繋がりについて話す。

最後に「来世デモ、必ズ、アナタタチヲ見ツケマス。Find You」

17.Find You

ジャンケンちゃんのMCで泣き、イントロで泣き、タナパイの声で泣く。

タナパイ、そんな歌い方したらもっと泣いちゃうよ…

タナパイの声だからこそ胸に響いた。

 

アンコール

1.Wake Myself Again

記憶にない

 

2.Raise your flag

みんなで歌い、涙じゃなくて狂って終わり。

 

以上!

セトリ最高過ぎやしません?

 

彼氏に振られて悲しくて悔しくて…って時にRaise your flag聴いて「絶対這い上がってやる…幸せなんていらない、でもこのまま落とされたままじゃ腑に落ちないからいつかは立ち上がって見返してみせる」ってなってたの知ってたんですよね?ね?ね?

♪あがき続け倒れくじけ 這い上がって走り続けて♪ってところが一番好きで、そこはタナパイと一緒に歌った。

ふんぬーーー!となりながら。

彼等についていくしかないということですね、そうですね、わかりました←

 

やっぱり狼たちは最高なのだ!

↓の続き、デート編

当日、Iさんが自宅まで迎えに来てくれて(ありがとう)、そのまま自宅近くのインターから高速道路に乗る。


運転する人によって乗り心地が全然違うけど、一番好きなのがIさんの運転だったりします。三回くらいしか乗ってないけど!


ライブハウス付近に着いたのは、開場の一時間ほど前。
車の中でいろいろ話しながら待って、いざライブ開始!

途中はぐれたりもしつつ3時間ほどのライブも無事に終了。

 

ライブハウスを出て車に乗ったら、冷えるから膝掛け使って、って!!貸してくださった!

ちょっとお兄さん、私そういうことされなれてないからね?困っちゃうよ?

そういう小さなことで感動するのよ、私という人間は!

あんまり優しくしないでください(´・_・`)

(キュンとすることというか、女の子扱いというか、こういうことって、いつもいつも彼氏じゃない人がやってくれるの…この現象は一体何なんですか?←)

 

実はライブが始まる前に、帰りに寄り道してもいいですか?と言われていたのです。

高崎に知り合いの作家さんがいるということで、その作家のお兄さん、Mさんの工房へ。 

ご一緒にお邪魔させてもらったら、素晴らし過ぎる作品たちが並んでいて!

温かい飲み物を頂きながら、作家さん同士プロの会話を聞く。

私も応援しているので、言っていることはほぼわかる。

でも私は客でしかないので、プロの会話を聞いていていいのか…

1時間くらい工房で話して、そろそろ帰ろうという時。

お土産をいただきました。

 f:id:elura1997:20171119161122j:image

いちごシロップがけスカル!

かっけー!やべー!かっけー!すきー!

これね、本物の人の骨格標本から型をとっていて、そんじょそこらのスカルとは違う(って仰ってたような…)

これね、宝物です。

 

そして、工房にあった鏡に貼ってあったハイスタとモンスターのコラボステッカーが気になって

「このステッカーの写真撮ってもいいですか?」って、撮ってたら!

f:id:elura1997:20171119160747j:image

なんと!

「貼ってないステッカーあるよ、ちょっと待ってね」って!

いやいやいやそんな貴重なステッカーをいただくなんてことはできませんって!

 f:id:elura1997:20171119161232j:image

はい。すみません。有り難くいただきました。

お礼にでもないけど、偶然出会えた奇跡を物にしたいから、お金貯めていつかMさんが作ったあの指輪買う。絶対。

 

今度こそ、工房を出てもう一つ寄り道を。

高速をおりて、秩父へ。

時刻は深夜1時過ぎ、到着したのは秩父ミューズパーク。

車を降りて空を見上げたら、綺麗な星空!

星ってこんなに綺麗だったんだな…。

そして、展望台に上がると秩父の夜景が!

前を見れば夜景、上を見れば星空!

まさか、まさか、私が一方的に尊敬しているお兄さんとMWAMのライブ後にドライブして星空と夜景を見る深夜1時を体験することになるとは思わなかった。

(ちょっとすみません、Iさん、これって完全にデートですよね?違いますかね?あ、違いますか、そうですか…)

本当に綺麗だった。

 

少し楽しんでから、本当に帰路へ。

寂しいなー。夢の日が終わっちゃうよ。

いろいろ話したというか、話してもらってた。

ライブも楽しかったけど、行き帰りがとても楽しかった。

リフレッシュできました。

星空と夜景は絶対に忘れない。

自宅に着いたのは深夜3時前。

帰りも自宅まで送ってくださった…お優しい…

 

お兄さん、急な誘いに付き合ってくれて本当にありがとうございました(*´︶`*)♡

Iさんと行けて良かった。星空綺麗でした。

もう一回言います、景色が最高でした。

すみません、もう一回。シチュエーション最高でした。

家まで迎えに来てくれるという時点で私の心はもう壊れてました、いい意味で。

これからもIさんの応援していきますので!

 

さて、次は、ライブのレポです。